ご寄付のお願い
私は残された人生を、世界中の方々に
「愛と平和のメッセージ」を伝えることに捧げようと思っています。

「平凡な主婦、しかも障害者が、そんな活動なんて無理だ」とおっしゃる方が
たくさんいることも存じています。

でも、自分の子どもや夫を戦争に行かせたい、人殺しをさせたい、と思う女性は
一人もいないと思います。

その思いにおいて、私たち女性はひとつにつながることができる、
そして、その思いにおいて、私たちには戦争を止める力があると思うのです。

私たちのこの活動は、共感してくださった方々の善意の寄付によって支えられています。
皆さまの善意によって、2012年9月の国連平和週間に
ニューヨーク公演を行うことができました。

今、私たちの財政は、大変厳しい状況です。
でも、愛と平和への思いが世界中に満ち満ち、地球がひとつになるときまで、
私は、この活動をけっしてあきらめるつもりはありません。

今後、ジュネーブやバチカン、あるいはあらそいの絶えない中東やアフリカで、
「愛と平和のメッセージ」を訴え、公演を行っていくことも、非常に重要なことだと思っています。

もし私たちの活動に賛同していただき、もしご協力いただけるようでしたら、
ぜひ手を差し伸べていただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。


愛と感謝をこめて 

稲森紀子